英文法を学び直したい社会人必見!元駐在員おすすめの効率的な勉強法を解説

英文法学習のイメージ画像
以下該当する人におすすめ記事です
  • 英文法を勉強しているけどなかなか覚えられない
  • 効率的な英文法の学び直し方法を知りたい

80点英語ブログ運営者のゆうです。

文法は語学の根幹となる重要な知識です。単語を並べるだけでも最低限の意思疎通を図れますが、自分が意図するメッセージを正確に伝えるには、正しい文法表現に基づいたコミュニケーションが不可欠です。

しかし、社会人になって英文法を学び直している人の中には、どこから手をつけていいのかわからな異人や学習を始めたもののうまく覚えられない悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、社会人が英文法を覚えられない原因や効率的に学び直すためのコツを解説していきます。

社会人が英文法を学び直すべき2つの理由

英語を理解するスピードが格段に上がる

日本語は他の言語に比べて特に英語との相性が悪いと言われていますが、最大の原因は日本語と英語の文法ルールの違いです。例えば、以下の例文はどちらも同じ内容ですが日本語と英語で語順が逆になっています。

日本語と英語の語順の違い

【日本文】私は昨日有名な中華レストランで友人とランチを食べました

【英 文】I had lunch with my friend at a famous Chinese restaurant yesterday.

日本語の文法ルール感覚のまま英文を読み聞きしてしまうと、主語の後ろには修飾語や目的語が続くと思っている中いきなり動詞が登場するため、頭の中が混乱して次第に内容を追えなくなるでしょう。

しかし、正しい英文法知識を身につけておけば、英文を文頭から通して読み聞き取りできるようになります。さらに文法学習を続けていくと”英語を英語で理解する感覚”が身につき、英語音源を聴いて瞬時に内容を理解したり、伝えたいメッセージを流暢に発話できるなど、非常に大きなメリットを享受できます。

英会話で扱える表現の幅が広がる

英文法の知識を習得すると、英会話における表現の幅を指数的に広げることができます

例えば「it is [形容詞] for [人] to [動詞]」という文法表現を覚えた場合、「」「形容詞」「動詞」を入れ替えるだけで様々な会話シーンで応用できるため、少ないインプットでアウトプットの幅を効率的に広げられるのです。

「it is 形容詞 for 人 to 動詞」の例文
  • It is easy for my colleague to get up early in the morning.(私の同僚にとって朝早起きするのは簡単です。)
  • It was interesting for me to play a video game with my friends.(私にとって友達とビデオゲームで遊ぶことは面白かった。)
  • It is not important for us to complete the project within a few business days.(私たちにとって数営業日以内にそのプロジェクトを完遂するのは重要ではありません。)

上記の例文のように1つの文法知識を正しく習得することで、その何倍もの英文パターンを使いこなせるようになります。最短距離で実践的な英語力を鍛えたい人は、まず文法学習に取り組むことをおすすめします。

英文法を覚えられない3つの原因

文法用語を丸暗記しようとしている

英文法の参考書を開くと「仮定法過去完了形」や「関係代名詞の継続用法」など難解な文法用語が数多く登場します。学校の試験で高得点を取るには専門用語の名前や用法別の具体的な使い分けを覚える必要があるでしょう。

しかし、ネイティブスピーカーがは「現在完了進行形を使おう」や「この場合は不定詞の副詞的用法ではなく形容詞的用法だな」など文法用語や用法別の使い分けを意識しながら話している訳ではありません

難しい用語名やネイティブも気にしないような細かい使い分けルールまで丁寧に理解しようとすると、学習効率の低下を招くだけでなく単調な暗記作業に多大な時間を費やしてしまい挫折の原因になりかねません

全ての文法表現を完璧に覚えようとしている

英文法参考書に載っている文法表現はどれも重要なものばかりですが、全ての文法表現を覚えなくてもビジネスで通用する英語力の習得は十分可能です。私自身、海外駐在員時代を含めて6年以上も日々英語を使う環境で仕事をしていますが、「仮定法」や「未来完了形」など一度も使ったことがない文法表現が複数あります。

忙しい仕事の合間で学習時間を捻出する中、使用頻度の少ない文法表現まで網羅的に覚えようとして、「動名詞」や「関係代名詞」など会話で頻出の文法表現の習得が疎かになっては元も子もありません

アウトプット学習が足りていない

英文法学習を単なるインプット学習と誤解してしまうと、本当の意味で英文法を覚えることはできません。英文法を学ぶ根本的な目的は、英語で相手とコミュニケーションができるようになること。

参考書で学んだ文法表現をアウトプット学習を通じて実際に使ってみる経験を積むことで、記憶の定着を促進できるだけでなく、実際の会話でも役立つ実践的な文法力の習得が期待できます。

英文法を効率的に学び直すための4つのコツ

参考書は1冊に絞る

自分と相性の良い1冊を見つけて集中的に取り組むことで、モチベーションを維持しつつ学習効率を上げる効果が期待できます。

ただでさえ退屈な文法学習で何冊も参考書を買ってしまうと、結局どれも中途半端のまま終わってしまいうでしょう。そもそも参考書ごとにレイアウトや解説などの細かな違いはありますが、取り扱っている文法表現はほとんど変わりません。

>>社会人におすすめの英文法参考書はこちら

イメージと紐つけて覚える

英文法学習では「前置詞のat=〜に」や「be going to=〜する予定です」のように日本語訳と機械的に紐つけて丸暗記する方法はおすすめしません。日本語訳の暗記が役に立たないとは言いませんが、実践的な応用力を養うにはイメージと紐つけて文法表現を覚えましょう

例えば、前置詞の「on」は「〜の上に」という日本語訳で解説されていますが、「on」のイメージは「何かに接している状況」です。もし「on=〜の上に」と機械的に日本語訳と紐つけて覚えてしまうと、以下の括弧内を正しく埋めることはできません

英文法を日本語訳で覚えるだけでは解けない問題

日本文|壁に絵が掛かっている。

英訳文|There is a painting ( 前置詞 ) the wall.

一方で、onを「何かに接している状況」とイメージで覚えておけば、絵が壁に掛かっている(=接している)イメージから正解の前置詞は「on」だと簡単にわかるはずです。

基礎レベルの文法表現から習得する

中学レベルの基礎的な文法表現を覚えるだけで、英語で相手と話すことは十分可能です

多くの英文法参考書では、SV文型やSVO文型などの5文型から始まり、名詞や動詞などの品詞、疑問文・否定文、現在形や過去形などの時制表現、動名詞・不定詞、比較級・受動態・仮定法、関係代名詞といった順に解説されています。

いずれも覚えておいて損はない大切な文法表現ではあるものの、全ての文法表現を覚えないと英語が話せない訳ではありません。前私自身「未来完了形」や「仮定法」など既に記憶が曖昧な文法表現が複数ありますが、海外スタッフとの打ち合わせやメールやりとりで使う機会がないため、業務上の支障は全くありません。

特に英語初心者であれば、全ての英文法知識を一度に覚えようとせずに「基礎レベル文法表現を習得→スピーキング基礎力を習得→応用レベル文法表現を習得→スピーキング応用力を習得」と無理ないペースで段階的に学習を進めていきましょう。

アウトプットの機会を作る

英文法学習は参考書を読んで文法知識を記憶するインプット学習が中心になりますが、学んだ文法知識を実践で使いこなせるようになるには、アウトプット学習も積極的に取り入れることが効果的です

そこで英文法学習に活用できる具体的なアウトプット学習方法を3つ紹介します。

覚えた英文法知識で英作文をする

新しい構文・時制表現や品詞などを覚えたら、覚えた文法知識を使って自分で英文を作ってみましょう。ゼロからの英作文が難しい場合には、参考書に載っている例文の主語や目的語など一部を変えて新しい英文を作るのでもOKです。

スラッシュリーディング

スラッシュリーディングは、英文をフレーズ単位で区切り(スラッシュ)ながら読み進めていく学習方法です。英文を単語単位で細かく分解せずに、複数の単語で構成される意味のかたまりで意味を捉えることで、英文の内容を素早くかつ正確に理解できるようになります。

スラッシュリーディングを実践するには、意味のかたまりの節目を見抜ける英文法・構文知識が求められます。つまり、スラッシュリーディング自体が覚えた文法知識の絶好のアウトプット機会になるのです

英文を繰り返し音読する

覚えた英文法表現を含む英文を繰り返し音読することも効果的なアウトプット学習法の一つです。実際の会話や文章の中でどのように使われているかイメージしながら声に出して読み上げることで、効率的な記憶の定着が期待できます。

ひとつの目安として、英文を読まなくても流暢に発話できるようになるまで音読することをおすすめします。

>>自宅で気軽に取り組めるおすすめのアウトプット学習法はこちら

まとめ

本記事では、英文法を学び直したい社会人向けに効率的に英文法表現を学び直せるコツを紹介しました。

使いこなせる文法表現が増えるほど、英会話の中で自分が伝えられるメッセージの幅が飛躍的に広がります。地味で退屈な英文法学習に時間をかけすぎないために、本記事で紹介した4つのコツを参考にして英語コミュニケーションに必要な分の英文法知識を効率的に習得してください。

>>仕事で使える実践的な英語力を体系的に習得できる学習ロードマップはこちら

コメント