英単語の覚え方のコツとは?元駐在員が実践した効率的な勉強法を紹介

以下該当する人におすすめ記事です
  • 英単語学習に時間を割いているのに全然覚えられない
  • 英単語の勉強を継続できずに悩んでいる
  • ビジネス英会話に役立つ実践的な英単語勉強法を知りたい

80点英語ブログ運営者のゆうです。

仕事で使える英会話スキルを習得する上で、英語力の基礎となる語彙力の強化は欠かせません。ただし、多くの英語学習者が漠然と英単語学習の重要性を理解しているものの、実際に取り組んでみると思うよう英単語を覚えられず、単調な暗記作業にモチベーションが下がってしまい途中で挫折してしまっています。

実践で役立つ語彙力は一朝一夕で身につくものではなく、ある程度の期間と継続的な努力が求められます。簡単ではない道のりだからこそ、闇雲に取り組むのではなく、英単語学習に対する正しい動機付けと効率的な勉強法の理解が必要なのです。

そこで本記事では、私の実体験を踏まえた英単語学習の必要性と忙しい社会人でも確実に語彙力を強化できるおすすめ勉強法を紹介します。

執筆者
ゆう
  • 日本生まれ日本育ちの社会人(TOEIC初回スコア480点)
  • 正しい英語学習法と出会い、1年間でTOEIC865点を獲得
  • その後4年間の海外駐在を経て、現在も海外ビジネスに従事
  • 【保有資格】TOEIC:945点、TOEFL:103点

英単語学習がビジネス英会話の上達に不可欠な理由

英単語学習による語彙力強化は、読み書きの上達だけでなく、実際のビジネス英会話でも通用する実践的なリスニング力とスピーキング力の基礎固めにも大きく貢献します。

  1. リスニンングで「英語の意味理解スキル」が上達する
  2. スピーキングでTPOに応じた適切な言い回しができる

それぞれ詳しく解説していきます。

リスニンングで「英語の意味理解スキル」が上達する

英会話の観点で語彙が増える最大のメリットは、英語リスニングにおける意味理解のスキルが加速度的に上達することです

一般的に英語をスムーズに聞き取れる状態の人は、以下3つのスキルを全て備えています。

英語リスニング力を構成する3つのスキル
  1. 英語の音を理解するスキル
  2. 英語の意味を理解するスキル
  3. 英語の音と意味を同時に理解するスキル

多くの英語学習者が抱えている「英文を読めば簡単に理解できるのにリスニングになると途端に理解できなくなる」という悩みは、英語の音理解スキルが不足していることが原因です。

一方で、日常会話ではあまり見かけないビジネス特有の英単語が頻繁に登場するビジネス英会話シーンでは、「そもそも英文を読んでも意味を理解できない」「英文を読めば理解できるが読解に時間がかかる」など語彙力不足に起因する英語の意味理解スキル不足が英語を聞き取れるようにならない足枷になっている可能性があります。

知らない単語はどれだけ英語の音理解スキルを鍛えても理解できません。裏を返すと、基礎単語と自分の業種に関連する英単語を覚えれば、リスニング力は一気に上達するはずです。

スピーキングでTPOに応じた適切な言い回しができる

フォーマルな表現が好まれるビジネス英会話では、語彙力向上によってTPOに応じた適切な言い回しに対応できるスピーキング力の習得が期待できます

例えば、「~したい」と表現したいときには「want」という基礎動詞が使えますが、ビジネス現場で「I want to discuss the subject at the meeting.」と言ってしまうと、子供が駄々をこねているようなやや幼稚な表現と受け止められる可能性もあります。

しかし、もし「would like」というフォーマルな表現を知っていれば、同じスピーキング力でも単語を入れ替えるだけでスマートなやり取りができるようになるわけです。

 I want to discuss this subject at the meeting.

○ I would like to discuss this subject at the meeting.

上記の例は厳密には語彙力の話ではありませんが、「develop」「enhance」「proceed」などフォーマルなビジネスシーンで頻出する英単語を覚えておくことで、短期間で実践的なスピーキング力を習得できるでしょう。

英単語を忘れてしまう原因は出会いの「数」と「質」

英単語を覚える重要性は理解できたものの、いざ学習を始めると多くの英語学習者が覚えたはずの英単語をすぐに忘れてしまう悩みに直面してしまいます。なかなか英単語を覚えられない原因は、ずばり英単語と出会う回数と出会いの質がいずれも不十分だからです

人間の脳には、記憶をつかさどる部位として海馬大脳皮質が存在します。目や耳など感覚器官から取得した情報は海馬に短期記憶として保管されて、ほんの数秒から数分で忘れてしまいます。一方で、脳に「これは重要な情報だ」と判断された場合、海馬の先にある容量の大きな大脳皮質に情報が送られて、長期記憶として脳内に深く刻まれます。

つまり、覚えた英単語を忘れないためには、その英単語が必要な情報だと脳に判断させて長期記憶に変換する必要があるのです。脳に必要だと思われる情報は、以下2種類に大別できます。

長期記憶に変換されやすい情報の種類
  1. 何度も繰り返し記憶された情報(=出会いの数)
  2. 強いイメージや感情を伴って記憶された情報(=出会いの質)

英単語学習で「何度も繰り返し記憶された情報」を作るには、英単語帳を繰り返し周回する勉強法適切な復習サイクルが重要になります。英単語帳を1周するだけで内容を完璧に覚えられる人はいません。何周も繰り返し学習することで、記憶を定着させているはずです。

>>学習効率が高いおすすめの英単語復習のやり方はこちら

二つ目の「強いイメージや感情を伴って記憶された情報」を取得するには、ちょっとした勉強法のコツを押さえる必要があります。こちらは本記事の後段で紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

英単語の効率的に覚えられるおすすめ勉強法

覚えた英単語を効率的に長期記憶に変換できるおすすめ勉強法は次の4ステップです。

  1. 適切な英単語帳を選ぶ
  2. 英単語帳を何周も繰り返す
  3. 適切なタイミングで復習する
  4. 収録語数の80%以上を覚えたら次の単語帳に移る

それぞれ詳しく解説していきます。

学習負荷の小さい英単語帳を選ぶ

英単語学習無理なく継続するには、学習負荷の小さい英単語帳を選ぶことが重要です。

英単語学習で最も重要なのは、毎日コツコツ勉強を継続すること。仮に英語初学者がいきなり英検1級レベルの難しい英単語帳や3,000~5,000語規模の分厚い英単語帳に手を出してしまうと、学習負荷が大きくなりすぐに挫折してしまいます。

英単語学習のモチベーションを維持する上で、身の丈に合わない大きな目標を設定するよりも、無理なく達成できる小さな目標を一つひとつ達成していくことを強くおすすめします。

英単語学習をこれから始める方は、以下条件に該当する英単語帳を1冊選んで、後述の勉強法でとことん使い倒しましょう。

英単語帳を選ぶときのポイント
  • 収録語数が1,000〜1,500語程度の英単語帳
  • 自分の英語レベルに合った英単語帳(目安:収録語数の2〜3割が既知)

>>英単語帳と失敗しない選び方の詳細はこちら

ご参考まで、管理人が1冊目の英単語帳としておすすめしているのは以下の3冊です。一人ひとりの英語学習目的や英語レベルに応じて、自分に合った英単語帳を見つけてください。

中学校3年間の英単語が1ヵ月で1000語覚えられる本 

おすすめレベル初級者
収録語数1,000語
難易度易しい
例文・類義語ボリューム多い
こんな人にオススメ!
  • 英語初級者で中学レベルの英単語から学び直したい人

本書は高校入試レベルの基礎単語を200語×5パートで収録、各パートの最後には確認テストがついています。5日間で教材1周するペース(1日1パート)で1ヶ月間学習を継続すれば、本書タイトルの通り1ヶ月で1,000語を覚えられます。

1日200語と聞くとハードルが高いと感じるかもしれませんが、一度の学習で200語を完璧に覚える必要はありません。教材を何周も繰り返す中で自然と覚えられますので、気負わずにコツコツ取り組んでください。

ビジネスで1番よく使う英単語 最重要1000語 

おすすめレベル初級〜中級者
収録語数1,000語
難易度普通
例文・類義語ボリューム普通
こんな人にオススメ!
  • ビジネス現場で役立つ英単語に特化して学習したい人

本書は実践で役立つビジネス英単語1,000語をジャンル・用途別に収録しています。「会議」や「交渉・契約」など実際に英単語を活用するシーンを想像しながら暗記作業に取り組むことで、効率的に単語を覚えることができます。

同じ意味の単語でもビジネス向きの英単語を優先して紹介しているのも本書の特徴です。例えば「実行する」を英語で表現するとき「do」でも意味は十分伝わりますが、ビジネス現場ではオフィシャルな「implement」の方が好まれます。

ビジネス関連の類義語が充実している点も個人的に評価が高いです。また書籍サイズが小さく語数も1,000語と少ないため、通勤中などスキマ時間を活用して周回できるでしょう。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ 

おすすめレベル初級〜中級者
収録語数1,000語
難易度普通
例文・類義語ボリューム普通
こんな人にオススメ!
  • 社内の昇進・異動の条件でTOEIC高スコアを取得する必要がある人

本書はTOEIC頻出の英単語1,000語を4段階のレベル別に収録。TOEIC高得点を目指す人は全レベルの英単語、英語初級者はレベル1・2の英単語に絞って取り組むなど、学習者一人ひとりの英語レベルに応じて様々な使い方ができます。

TOEIC界隈では非常に有名な著書で、私も本書のおかげでTOEICスコア860超えを達成できたと言っても過言ではありません

TOEICは昇進や海外勤務の条件として使われている試験なので、社会人なら一度は受験してみることをおすすめします。すぐに受験する予定がなくても、TOIECは日常会話やビジネス現場を想定した試験内容のため、TOEIC英単語を覚えておいて損はないでしょう。

英単語帳を何周も繰り返す

英単語を効率的に覚えるためには、英単語帳を何回・何十回と繰り返しながら勉強を進めることが重要です。

英単語帳を1~2周したらすぐに次の教材に移ってしまう英語学習者も少なくありませんが、このやり方では、英単語との出会いの「数」が圧倒的に足りません。天才的な記憶力を持つ人でない限り、せっかく覚えた英単語の大半を長期記憶に変換できないまま忘れてしまうため注意が必要です。

また、英単語帳を1周するのに数週間~数か月もかけてしまうと、次に同じ単語と出会うまで間隔が空きすぎるため、記憶の定着率がガクッと下がってしまいます。どんなに長くても1週間以内には英単語帳を一周できるペースを心がけましょう。

例えば、収録語数が1,000語の英単語帳であれば、1日に最低150語のペースで学習を進めれば1週間で教材を1周できます。ただし、150語を1つずつ丁寧に暗記しようとすると日が暮れてしまいます。英単語帳を何度も読み返すことを前提に、1日の学習で1単語にかける時間は10秒以内にしてください。

下表は、私の実体験に基づく周回数ごとのおすすめの勉強法です。

周回数学習する単語学習する日本語訳学習する+α情報
1-3周目全ての単語代表的な1つのみ
4-10周目覚えていない単語代表的な1つのみ類義語、例文
11周目以降任意の単語*全ての日本語訳類義語、例文
* 10周目時点でまだ苦手意識が残っている単語、自分のビジネス現場で使い勝手がよさそうな単語など

上記おすすめ勉強法の中で特に抑えるべき緑字部分について、それぞれ解説していきます。

覚えた英単語にチェックを入れていく

英語基礎力の中で既に知っている英単語や学習過程で新たに覚えた英単語は、次の周回時に学習対象から外すようにチェックを入れていきましょう

学習効率性の観点で、周回する度に既知の英単語に時間を割き続けるのは得策ではありません。限られた学習時間をまだ覚えていない英単語の記憶作業に費やせるように、チェックを入れるなど整理しておくことが大切です。

また、覚えた英単語にチェックを入れることで自分の学習進捗が可視化されるため、モチベーション維持の効果も期待できるでしょう。

代表的な日本語訳を1つだけ覚える

複数の日本語訳を持つ英単語について、最初から全部を覚えようとせずに各単語の例文で使われている代表的な日本語訳を1つ覚えることに集中してください

一見バラバラに見える複数の日本語訳も、根本的な部分で意味が繋がっているケースが大半です。

複数の日本語訳を持つ英単語の例
  • accomodate
    • 1) 必要なものを提供する、2) 収容するための場所がある、3) 便宜を図る、4) 適応させる、5) 順応する etc.

上記の英単語であれば、まずは「必要なものを提供する」を集中して覚えてしまえば、「”収容する場所を”提供する」「”便利な機会を”提供する」「”環境に慣れるコト・モノを”提供する」など覚えた日本語訳とベースに他の日本語訳を効率的に記憶できるようになります。

一方で、英単語帳を何周しても代表的な日本語訳をしっかり覚えられない場合、他の日本語訳と関連付けて覚えることで出会いの質が上がり、長期記憶として定着するケースもあります。ある程度周回しても苦手意識が残っている単語は、少しアプローチを変えて他の日本語訳をインプットしてみるのも良いでしょう。

類義語を英単語帳に書き込んでいく

学習中の英単語と似たような意味を持つ類義語が存在する場合、英単語帳の余白に類義語を書き込んでください。類義語と併せて覚えると関連付けの効果で出会いの質が高まり、覚えたい英単語の記憶の定着率を向上させることができます。

例えば、「develop」という英単語を覚えたい場合、「develop」が持つ「発達させる」という日本語訳と似た意味合いをもつ英単語は以下が挙げられます。

「develop」の類義語の一例
  • evolve
  • prosper
  • progress
  • thrive

英単語帳に掲載されている「develop」欄の余白に上記4つの類義語を書き込んで、実際に「develop=発達させる」と覚えるときには4つの類義語にもサッと目を通してください。出会いの数の確保に加えて複数の単語の関連付けによる出会いの質を高める効果が期待できます。

適切なタイミングで復習する

英単語の復習は、適切なペースで英単語との出会いの数を確保できるおすすめの勉強法です。しかし、多くの英語学習者が復習のやり方を間違っているため本来の学習効果を実感できていません。

よくある間違った復習方法として、単語帳を1周してから復習目的で2周目に取り組むやり方が挙げれます。仮に英単語帳を1週間で1周する場合、一度学習した英単語と次に出会うまで1週間も期間が空いてしまうため、どうしても記憶の定着率は下がってしまいます。

そこでオススメしたいのが、忘却曲線を踏まえた適切なタイミングでの復習です

忘却曲線のメッセージは「最初に英単語を記憶してから時間が経つほど、1度記憶した英単語を改めて記憶し直すために必要な時間が長くなる」。つまり、忘却曲線を意識した復習によって、毎回の復習にかかる負荷を最小限に抑えつつ効率的に短期記憶を長期記憶に変換できるようになります

忘却曲線の特徴と私の実体験を踏まえた、社会人でも無理なく実践できる効率的な復習タイミングは以下の計7回です。

おすすめの復習タイミング

日後→日後→日後→12日後→20日後→30日後

ただし、忙し社会人にとって、通常の1日150語ペースでの英単語学習に加えて、十分な復習時間を確保することは容易ではないでしょう。無理せずに学習を継続できるように、復習は英単語と代表的な日本語訳1つを1回ずつ音読(or黙読)する程度に留めてください。

なお、ある英単語の復習タイミングが教材2周目以降の学習タイミングと重なった場合、それぞれ時間を割く必要はありません。復習を兼ねて通常の英単語学習に取り組むだけでOKです。

>>学習効率が高い英単語復習の具体的なやり方はこちら

収録語数の80%以上を覚えたら次の単語帳に移る

英単語帳を端から端まで完璧に覚えることを目指さずに、収録単語の80%程度を覚えたら新しい単語帳に切り替えましょう

単語学習を続けていると、繰り返し学習してもなかなか覚えられない英単語が出てきます。自分が苦手な単語に対して同じやり方と教材で学習を続けても、十分な学習効果は期待できないでしょう。

貴重な時間を英単語学習ばかりに費やしすぎないよう、効率性の観点から20%の苦手な英単語は思い切って捨てる選択もあることを覚えておいてください。

なお、新しい英単語帳に切り替えるメリットとして前述の関連づけ効果も期待できます。

重要な英単語であれば2冊目の英単語帳にも掲載されている可能性が高く、2冊目で苦手な英単語と再開したときには前の英単語帳で覚えられなかった単語」というイメージが脳内にインプットされます。この強いイメージと英単語が脳内で関連付けされて記憶に定着されやすくなるという訳です。

英単語学習の質を高められるおすすめアウトプット学習法3選

英単語帳で覚えた英単語を自分の言葉として口や手を動かしながらアウトプットすることで、英単語の出会いの質を大幅に向上できるようになります。

管理人の実体験に基づく、英会話スキルの上達も見据えたおすすめのアウトプット学習法は次の3つです。

  1. 英語日記
  2. 独り言英会話
  3. 英会話レッスン

それぞれ詳しく解説していきます。

英語日記

英語日記とは、文字通り英語で日記を書き続ける学習方法です。その日学習した英単語を積極的に日記に盛り込んでいきましょう。

日記の内容は私生活やビジネス、気になる時事ネタなど何でもOK。最初から学習負荷をかけ過ぎて挫折しないよう、慣れるまでは2〜3文程度の短い文章から始めてください。

身近な出来事を自分の言葉で英訳することで、より実践的な英語アウトプット力を鍛えることも期待できます。

>>英語日記の学習効果を高めるコツはこちら

独り言英会話

独り言英会話とは、目の前に聞き手がいる想像をしながら自分が伝えたい内容を発話し続ける学習方法です。こちらも新しく覚えた英単語を積極的に使って、自分の言葉として使いこなせる知識を増やしてください。

先ほど紹介した英語日記とよく似た学習方法ですが、予め準備した下書きを参考に時間をかけて英作文していく英語日記に比べて、話す内容を頭で考えつつ同時並行で英訳して話し続ける独り言英会話の方が圧倒的に難しいですが、その分スピーキング力の大幅な向上が見込めます。

>>独り言英会話の具体的なやり方や学習効果を上げるコツはこちら

英会話レッスン

より実践的な環境で英語知識のアウトプットトレーニングに取り組みたい人には、英会話レッスンの活用もおすすめです

英語日記や独り言英会話では、その英単語の使い方が本当に正しいか確認することができません。一方で、英会話レッスンであればレッスン講師が英単語の間違った使い方を指摘してくれたり、より適した他の英単語を教えてくれるため、より効率的に実践で役立つ語彙力を身に付けることができます。

一方で、昨今は数えきれないほどの英会話スクールが設立されていて、中には質の低い講師や学習プログラムを提供している企業も存在するため、スクール選びは本当に慎重に行う必要があります。

以下記事で管理人の実体験に基づく社会人におすすめのオンライン英会話スクール3校を紹介しているので、自分に合ったスクールがあるか確認してみてください。

>>管理人が厳選した社会人向けのおすすめオンライン英会話スクールはこちら

まとめ

本記事では、脳の記憶のメカニズムを踏まえた英単語の効率的な勉強方法について解説しました。

英単語を覚えるだけで英語をペラペラ話せるようになったり、ネイティブ英語をスムーズに聞き取れるようになる訳ではありません。それでも、本格的なリスニングやスピーキング学習に取り組む前に英語力の土台となる語彙力を備えておくことで、その後の学習効率を飛躍的に高めることができるのも事実。

これまで英単語をなかなか覚えられないと悩んでいた人は、本記事の内容を参考にして自分に合った効率的な英単語勉強法を見つけてみてください。

>>仕事で使える実践的な英語力を体系的に習得できる学習ロードマップはこちら

コメント